オンナの叫び

オンナの叫び

「教室」という世界の中心になるために、声のでかいあの子の給食に、体液を混ぜた。

わたしは小学六年生の頃、独りになった。 ひたすらに本を読み、誰からも話しかけられず、そんな自分を放っておく周りを憎んでいた。 わたしと正反対の存在 そ...

オンナの叫び

過食嘔吐が辞められなかったオンナ〜本当はもっと誰かに頼りたかった〜

最近友人Y子と深夜の女子会をした。場所はうちのアパート。トイレを流せば物凄い音で流れるこの場所。近所迷惑にならない程度の声で話し合い、たまにシッーと指...

オンナの叫び

暴力と暴言にまみれて育ったわたしに、ホンモノの愛なんて探せるの?

塾講師という仕事を始めて、親子のほのぼのとした雰囲気を見て、どうしてわたしの親は、あの雰囲気をわたしにくれなかったのだろう、と思った。わたしは「愛」と...