美容のプロが指南!「ズレメイク」の原因は、鏡の大きさにあった!?

ファッション・美容

美意識は人それぞれ、だけどそれでいいの?

「私、美容に興味が無い」 稀にそんな女子がいます。

でも!

やっぱり、肌はキレイな方がウレシイでしょ?
メイクだって、しなきゃならないなら上手なほうがいいでしょ?
ファッションだって、「だっさーい」とは思われたくないでしょ?

メイクも、ヘアスタイルもファッションも、その美意識は人それぞれ。

確かに、美の基準は自分の好みでいい。
それは個性だから大事にして!

でもね

汚いのはいただけないよね。

場合によっては、、、、見苦しい。。。。

街中や、電車の中で時々「ギョッ!」とすることない?

以前電車の中で、私が見た驚きの光景をシェアしましょう。

私の前に座っていた、すっぴんおばさん。
雰囲気、肌のくすみと老化具合が「おばさん感」満載だった。

キャリーケースの中から、コンパクトを取り出したおばさん。

パタパタ パタパタ ポンポン

粉が飛んで来そうな勢いで、メイクを始めた。

確か、淡いピンクの花柄の洋服を着ていた。
透け感のある。

わたしが「おばさん感」を感じた大きな理由のひとつがこの洋服。

なぜなら?

どの業界もそうであるように、商品には『ターゲット年齢』が設定されている。

特に美容、ファッション関連のものは、わりと細かく設定している。

この洋服のターゲット、絶対20代とみた。
いいのよ、別に好きなの着て。

パタパタ始めてからひと駅通過。
みるみるうちに、おばさんの顔は白くなっていく。

あれは、ファンデーションではない。
フェイスパウダー?

いや!『シッカロール』のイメージだ。
(赤ちゃんのお尻にポンポンするアレ)

二駅目に到着する頃には、まっ白~ホントまっ白~、お見事!

まっ白メイク。

おばさんの肌のくすみもシワも、瞬間的にはカバーしていたのだ。

このメイクテクニック?

そしてファッションも、おばさんの『美意識』からなるもの。

だから、いいのよ!

所詮自己満の世界なんだから。

でも、私は思った。

仕上がった姿、コワい。。。。

あなたはどこでメイクしてます?

なんだかんだ言ったって、やっぱりキレイに見られたいよね。

じゃぁ、どうしたらいい?

メイク、肌、ヘアスタイルそしてファッションも。
共通して必要なアイテムが一つ!

大きな鏡!
(全身が映るサイズがベスト)

小さい鏡しか見てない人。

片方の眉毛、片方の目元。

顔の一部しか鏡に映ってない中。

眉頭描く、眉山も描く、もちろん眉尻も必死に描く。

目、大きく見せなきゃと、アイシャドーつけてアイラインを引く。

目開けると色がなんか出ない、と何度も重ねる。

結果、気づいてないのはあなただけ。

伏し目がちになると、そこには舞台メイクの世界が。。。

こんな感じで出かけたら 「あっっっ、、、」
ショップの鏡に映し出された自分の姿に唖然。

ファンデーションは気にしてたシワに入り込んでる~

逆に目立ってないかい?

眉毛は左右違うし、濃すぎるし。

何だか厚化粧感が。。。。

な~んて経験あるでしょ?

大きな鏡見てないからよ。

魅力的な印象をつけよう!

〔ベースメイクの美肌印象〕

もちろん、シミもしわも無い、陶器のような肌は誰もが憧れます。

メイクでなるべくそこに近づけるには?

始めに肌のくすみを無くすことが大事。

ポイントはファンデーションの多色使い。

顔の中心は少し明るめの色

外側や気になるあご周りなど、小さく見せたい部分は少し暗い色を

透明感のある肌は、シワもシミも目立たなくしてくれます!

〔ポイントメイクの印象〕

パーツ、パーツを全て強調しちゃったら逆効果。

あなたの個性、本来の可愛さ、美しさを消してしまいます。

全体が映る鏡で、左右の眉毛を同じに。

ベース、ポイントメイクの色の出し方、使い方のサジカゲン。

これら全てのバランスがメイク美人を仕上げます。

ファッションだって同じ。

上下、色、柄、生地感のバランス。

美しくなりたいならスキンケアを怠るな!

お肌のお手入れをする時は顔、肌全体を見ながらね。

クレンジングは?洗顔料は?

隅々まで適量行き届いてるか?
肌にシワがよらない力加減で落とせてるか?

洗顔フォームはたっぷり泡だっているか?

化粧水は?

肌の深部まで行き届いてるか?
肌の表面の潤いが無ければ足りてないの。ケチるな!

クリームや、美容液は?

鏡を見ながら、手の平をしっかり肌につけて!
下から上へゆっくりと、浸透させてあげて。

自己流マッサージはシワのもと。浸透を意識!

ちゃ~んと肌に浸透すると、肌の色や質感が変わるのがわかるから。

手抜きすれば、その程度の肌になるのよ。

日々のお手入れのコントロールが、キレイな肌を仕上げる!

メイクのノリもアップ!
色もキレイに発色!

毎日、肌美人、メイク美人でゴキゲンな日々をお過ごし下さいね。

書いた人 一二三輝恵

35年以上にわたり美容業界に携わり、その内25年以上をブライダル業界で働く。 元々脚本家を目指していたこともあり、ブライダル業界にて 新郎新婦からのヒアリン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧