「絶対に妥協したくない!」高望みアラサー女が選んだ男は、理想と真逆でした。(後編)

オンナの叫び

2年にも及ぶ婚活で、杏子が受けた初めての感覚。

「ピンときた!」「ビビッときた!」

「この人と結婚するかもしれない」という出会い。

当初の自分が描いていた理想の男性とは、全くかけ離れた外見の人。

今までなら、『顔タイプじゃない。パス』ぐらいの勢いだったのだが、今回の出会いは違った。

出会い迄のエピソードはこちら
本当に歩みたい結婚生活って?30歳女子のさまよう婚活模様

※以下網掛けの『』内は執筆者の心の声です。

自己否定感が、自己肯定感へシフトする喜び

マッチングアプリで知り合った、アンパンマン似の彼との初デート。

結婚相談所から紹介された人と違い、目の前にいるこの人が本当は何者なのかが、定かではない。

自己紹介をされても、果たしてどこまでが事実なのか?

もちろん相手だって同じように、疑心暗鬼になっているかもしれない。

以前はそんなふうに思いながら、会話をしていた記憶がある。

だけど!

今回は違った。

始めからそんな不安もなく、彼の話す言葉を素直に受け入れることが出来ていたのだった。

2年間の杏子の婚活生活中、周りの友人達は短い婚活生活の中で、彼ができたり、結婚が決まったりと順調に進んでいる。

なかなか状況の変らない自分に欠点があるのでは?

杏子は『私には魅力がないのではないか?』

あせりと、自己否定感が高まっていた。

今まで、ネガティブに考えがちだった婚活デート。

紹介してもらう相手、出会う相手そして、自分自身にさえも満足できない日々だった。

そんな思いの中で出会った彼。

会話も自然に進み弾んでいる。

なんだか、彼とのこの時間が安心のひと時だった。

それは、会う前のLINEでのやり取りの際も感じていた。

杏子は自分が投げかける言葉に、そんなに吟味する必要性を感じなかったからなのかもしれない。

彼は杏子の言葉を全て受け入れて、包んでくれているのではないのか?

彼の返答、投げかける言葉、声のトーンや眼差し。

それらが全面的に杏子に対する好感へと、直結しているのだろう。

「やっぱりこの出会いは、直感が当たっているのかも?」

不安定な恋はもう要らない!私を安心させてくれる恋があった

数回のデートを重ねた頃から、杏子の変化に周りが気づき始めた。

「あれ、肌すごくキレイだね。つやつやじゃない!」

「なんだか、雰囲気が変わったね」

今まで杏子の婚活に、厳しいアドバイスをしていた親友の友紀恵も。

「仕事でも丸くなった」「角がなくなった」と。

職場の親しいおじさんまでもが

「なんか最近キレイになったな。なんかあったか?」

一歩間違えれば、すぐセクハラ扱いされる言葉だが、ためらうことなく杏子は答えたのだ。

「はい。実は、彼氏が出来たんです!」

 これって、本当に心が満たされている状況でないと、言わない事なのでは?だって、おじさん相手よ

アンパンマン似の彼は、杏子への愛情表現が豊かなようだ。

「本当にカワイイ」

「大好きだよ」

「杏子ちゃんといると癒される」

「杏子ちゃんが作ってくれるご飯、美味しいよ!」

実家に帰る際の送り迎えとか、少しでも時間が合えば会おうとする努力。

女性ながらに責任のある仕事をしている杏子に対して、ねぎらいの言葉や仕事の大変さの共感など、など。

だいたい、日本のオトコは愛情表現の言葉が少ない。

日々のチョットした感謝の言葉も。。。

『家事、育児はオンナがやって当たり前じゃないんだからさぁ』

これらは、言葉にして発しないとわからないのだ。

特にオンナというのは、まだまだ受け身の生物だから、実感が欲しいのではないのだろうか。

杏子はこんな言葉も嬉しそうに呟いていた。

「言われすぎで困る」。

「今までの元カレとかでも、こんな風に言ってくれた人は居なかった」

そしてこうも言っていた。

「言われすぎ、尽くされすぎ。慣れていないから戸惑うの」

『あらまぁ、うらやましいこと。いいじゃないの欧米なら当たり前よ~』

≪恋は女を美しくする≫ とよく聞く?よく言う?けれど。

それは、女性ホルモンが大きく関係しているのだろう。

恋愛における想いの比重とは?

目に見えてわかるものではないが、その言動で人は判断するのでは?

杏子の彼は杏子が想う以上に、愛情表現をしてくれる人なのだろう。

何よりも「愛されている」と感じる安心感。

それは女性ホルモンの活性化につながる。

やがて、輝きとなり内側から滲み出てオンナを美しくする!

疑心暗鬼からスタートしたアプリによる出会い。

俗に言う ≪運命の人≫ がいるのであれば、それはどんな形であれ必ず出会う時(とき)が来る。

杏子の運命の人は、本当にこの彼なのか?

『他人の恋愛ながら、まだまだ行方に目が離せないわ~』

あなたの今の恋は、追う恋or追われる恋 どちらですか?

書いた人 一二三輝恵

35年以上にわたり美容業界に携わり、その内25年以上をブライダル業界で働く。 元々脚本家を目指していたこともあり、ブライダル業界にて 新郎新婦からのヒアリン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧