彼氏がいない方が完璧な人生を送れる謎

オンナの叫び

付き合っていた人と別れて1ヶ月経った頃、もう潮時だろうと思って彼の洋服や植物、食器を捨てた。

別れたばかりの頃は、「すぐ捨てると人間の記憶はイイ方にしか考えない」と言う某メンタリストの言葉を信じ、ある程度の期間まで物は残しておくことにした。

1ヶ月経った頃、それらが私の日常生活に邪魔に思えてきて全部捨てた。

それから、たまに思い出したり、思い出さなかった。

私は割と執着心の塊だから、別れた後の自分は面倒くさいと過去の恋愛でわかっていた。案の定2、3ヶ月経ってもまだ思い出す。

よりを戻したいとかそう言うのではなく、なんでああなったんだろう、って漠然と考える。

もっと自分が成長しなきゃ、大人にならないと、自制しないと、今の自分自身の問題を解決しないと。

そこをクリアしないと、ダメな自分いつでも心の中にいる状態で、引っ張られ、気分が上がったり下がったり。

そして、彼氏に八つ当たりしたり、不機嫌になったり。自分をコントロール出来なくなる。

そんなことを3、4ヶ月考えていると、やはりフリー?シングル?独身?つまるところその〝孤独〟な状態が本当に居心地がいい。

柴咲コウが言っていた。〝豊かな孤独〟

まさに今、その状態。

彼氏もいて、日常生活も上手くいってる。そんな両方を手に入れられるなんて今の自分には不可能。だから、いざこざもなければ、めちゃくちゃに笑いあうこともないこの日常が今は好き。

1日1日をゆっくり自分だけに使える。朝起きて、ラインを返す代わりに、ゆっくり水を飲みストレッチして、今日やるべきことに取り掛かれる。

休日は休日で、週休2日、丸ごと自分だけの生活になる。

スーパーで普通に売っているものを自分で作ってみたり、昔ながらのぬかどこを作ったり。

掃除をして、時間が余って勉強も読書もできる。

そう、今まさに自分の理想な生活を送れている。

それは私にとって「完璧な生活」なのだ。

だけど、いつも彼氏ができると何かが崩れる。その人が悪いとかではなく、自分の状態に余裕がなくなる。

じゃあ、もう一生恋なんてしない、なんて思わない。しかし、じゃあ、なぜ、わざわざ苦しみを味わいに恋をするのだろうと思い、人間はやはり強いなと感じる。自分からメイクドラマしてるって実感する。

理想の彼氏は、その人がどう〜とかではなく、自分がその人といて、最高の自分でいられること。

それを続けられること。独りで生きているように2人で生きたい。

そして結婚していても個人の問題って絶対何個もあって、それを安心して共有できる人。問題があっても応援してくれる人。一緒に乗り越えられる人。

身近に人がいないと自分のダメな部分も曝け出さなくて済む。ヤベー奴だと思われなくて済む。

でも、本当にそれで良いのか、と自分に問う私もいる。他人と生活すのって難しすぎると日々実感する。

近頃、両親が本当にすごいなと思う。いや、多くの世の中の夫婦ってすごい。でも1番身近にいて、この目その在り方を見てるから、やはり自分の両親は格別に凄いと思える。

喧嘩もするけど、なんだかんだ同じ家に住んでいる、その何気ない状態が。

何十年も、同じ人と一緒に暮らせる気がしない。

私が思ってるみたいにそう完璧な夫婦なんていないことは分かっている。でも、やはりその関係を続けているのはすごい。

彼氏がいない方が完璧な人生を送れる自分が悪いとも思わない。でも、私の心の底は誰かと共存したいのだ

。誰かと一緒に生きたいのだ。だから自分でもこの矛盾に少し戸惑っている。困惑している。本当はどうしたいのか分からなくなってきている。

1人が好き。でも寂しい。でもずっと一緒も厳しい。

こういう考え方は、ときが解決してくれると思うしかないのだが、考えることは止められない。

だから、どうしようもなく、この完璧な人生を彷徨いながら生きている。

それか、よく言う「運命の人」とやらに会うとそんな考えや、迷い、不安は消え去るのか。

まだ出逢ってないだけで、その人となら一緒に生きられるのかもという期待も少しはある。

1人が好き、でも寂しい。これも含めてやっぱり1人が好き、になるのか。

彼氏や旦那がいる。でも1人も好きだから自ら孤独になる時間も作る、になるのか。

どっちになりたいんだろう。どの道を行くのだろう。

色んな生き方ができる世の中に生まれて改めて幸せだと思った。

書いた人 渡辺真央

大きな目標をクリアするために、小さな目標を設定し、それに向けて努力し続けることが出来るライター。自分をどう動かすかを理解しているので、失敗しても、煮詰まって...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧