潔癖症!…ではないが、色々気になってしまう面倒なオンナの話

オンナの叫び

潔癖症、いわゆる極度の綺麗好きの方がいらっしゃるかと思うのですが、
今のご時世も相まって潔癖症の方は過ごしづらいと思います。

かくいう私も潔癖症とは言わないのですが、いろいろなことが気になってしまう面倒なオンナなのです。

手袋、エプロンは魔法の存在なの?

潔癖症というか細かい部分が気になる私はコロナで言われる前から
いろいろな場面で気になってしまうことが多かったです。

例えば、手袋。

学祭に行ったとき、屋台ではしまきを買ったのですが、
お金を受け取った学生さんがそのまま鉄板から直接はしまきをとってお皿に入れたのです。

もちろん手袋はしていましたが、
お金もその手袋で受け取っていたので意味がありません。

うーむ、つけている意味あるのだろうか…。

さらに飲食店でバイトをした時のこと。

厨房で料理を作っている人はみんなエプロンをつけています。

ただ、毎日料理をつくっていろいろな物が飛び散っているそのエプロンは
見た目はお世辞にも綺麗とは言えないもの。

あくまでも服を汚さない、油はねを防ぐものかと思っていました。

ところがよーくよく見てみると、
手を洗ったらエプロンで拭く、食材を触るたびにエプロンで拭く。

…そのエプロンってもしかしたら魔法のエプロンで、
いつまで経っても綺麗なのかしらと思うほどに。

うーむ、綺麗じゃないだろうに…。

と、このようになんでそれつけているの?
と思うような場面にあうと気になって仕方なくなるのです。

ソフトクリームの持ち手の紙部分ではなく、コーンをもつ人も、
手袋のまま髪を触りまくる人も、
不思議でたまりません。

手袋やエプロンは魔法の道具じゃないよ…。

その都度汚いものを触ったら付け替えるんだよ…。

心のモヤモヤは止まりません。

それって綺麗なものじゃないよね…?

塾講師をしていた時、

「先生お腹すいた?」

受け持っている生徒から質問されました。

「そうだね〜、勉強頑張ったしすいているかも」
夜ご飯の時間も近く、こう受け応えたのが間違いだったのです・

「じゃあ、はい!」

それはそれは綺麗な笑顔で差し出してきたのは、
さっきまで一生懸命鉛筆を握っていた手で直接ちぎってくれたパン。
(もちろんコロナ前の話です。)

私の心の中は葛藤しました。

絶対に綺麗じゃない。知っている、だって手を新居に行っていないから。

でも、顔を見てごらん!善意!圧倒的善意しか感じられない…!!

さまざまな思考が頭を駆け巡り、その時間数秒。

「…ありがと〜、嬉しい!」

ありがたく受け取ることにしたのです。

正直食べたくなかった。でも、善意は断れないと。

このように、想像したら容易に綺麗じゃないと思うものも
気になって気になって仕方ないのです。

例えば、机の上に直置きしてあるお皿を重ねて持ってきたり、
卵を卵を割り入れるお皿に入れて持ってきたりするのも気になる。

見てる範囲で汚くなくても机は汚いし、卵の殻は汚い。

そのお皿を使うのはちょっと…という気持ちになります。

お茶やお椀の上の方を持たれるのも、
配膳の時に少しお皿を重ねるのも、
うーーーーーん、気になっちゃう。

ファストフード店でお盆に敷いている紙にポテトが溢れているのも、
果たして綺麗なのかしら…。

モヤモヤ想いは膨らむばかりです。

めんどくさいってわかってるけど…気になるものは気になる!

コップは一杯飲んだら都度洗う。
口つけた箇所は都度拭く。
ドリンクバーのコップは熱湯消毒。
1日経ったら口をつけたものは食べない。
トイレのノブはティッシュなどで開ける。
水垢、茶渋がついたら捨てる。
銭湯・温泉・プールは基本行かない。
家に帰ってきたらすぐにお風呂に入る。
継ぎ足しのタレは信用しない。
…などなど。

めんどくさいなぁ!!
と思われる方多いかと思います。

そうですね、その通りです。

ただ、本物の潔癖症でないからこそ
綺麗ではないと思いつつも、それでお腹を壊したことはないのです。
つまり、実害を受けたことはないのです。

でも気になっちゃう。

だってそれ綺麗じゃないじゃないですか。

でも外食はするし、お出かけはする。

複雑な乙女心なのです。

それはもう潔癖症では?と思われるかと思うのですが、
気に部分があるというだけですし、甘い部分も全然あります。

自分is綺麗と思っている節もあるので、
そこは気にならないの??という部分もあります。

でも、潔癖な部分は友人などには絶対に出しません。
気になるだけで我慢はできるので。

だってめんどくさいって思われたくないじゃないですか。

こうして今日も私は心の中に潔癖を宿しながら見てみぬふりをして擬態をするのです。

はなりん

流行や恋話が大好物!イマドキOL女子 社会人になり神戸より上京。 好奇心旺盛で自分の心に響くものを信じて突き進み、学生時代はミスコンやボランティア、ビジコン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧