40,50代が若々しく見えるメイクのコツ、それは色選びにある~上品メイクで老け顔脱出!~

ファッション・美容

現在あなたは何歳ですか?

その実年齢と、他人が見たあなたの年齢は一致していると思いますか?

男性と違い女性はメイクにより、年齢不詳の人がいます。

いい意味でも、悪い意味でも。。。

いくつに見えると思う~?の言葉の裏

初対面や、まだ数回しか面識のない相手にする質問。

「ねぇねぇ、私いくつに見える~?(いくつだと思う~?)」

そんな愚問するオンナがよくいますが、私はその質問が嫌い。

何故って?

その質問には、心で思っているより若い年齢で答えなければならないから。

メイクでごまかしていても、実年齢は隠せない。

イヤ、もっとすると肌年齢の高い40歳以上のオンナは、実年齢よりも老けて見えるから答えるのに厄介だ。

質問してくるオンナは、若く見られたいから聞いてくる。

だから本当のことを言ってはいけないのだ。(あ~めんどくさい。)

オンナという生き物は、正解を求めていないことが多い。

同調、共感を求めていることを頭の片隅に置いて、答えねばならんのだ。

若々しく見える女性は童顔だからとか、顔の作りがいいからとか、ではない。

では何なのか?

若々しく見える人の顔をよ~く見て分析してみて!

顔全体の色と、ツヤであることに気づいて欲しい。

40、50代メイクのポイントは透明感と統一感

人は年齢と共に、肌に蓄積されるものがある。

『古い角質』という不要なもの。

それは、スキンケア不足や代謝の乱れなどにより、だんだんと肌をくすませ、顔色を悪くしていく。

同時にシワや乾燥、たるみを引き起こし、一気に老け顔にしてしまうのだ。

〈ナチュラルに、若々しく見えるにはどうしたらいい?〉

若々しい40、50代の人は老けて見える人と何が違うのか?

ひとことで言うならば、それは『血色』

アイシャドーを濃くすることでも、赤いリップを塗ることでも、真っピンクのチークをグルグルすることでもない。

若々しく、品のある大人の女性を、思い出してみて!

例えば石田ゆり子、松嶋菜々子、檀れい、沢口靖子さん等など。

彼女達のメイクの色は、肌の血色をメインにしたものです。

★ステップ①コントロールカラーを使用すべし!

肌がくすみがちな40、50代以上。

重要なポイントはメイク下地を使うこと!

ピンク系オレンジ系などのコントロールカラーがベスト。

少し多めに、しっかりと肌に馴染ませることで、肌トーンを上げイキイキとした印象に。

ちょっとしたクマやシミも、カバーしてくれます。

この手間ひとつだけでも、顔の見た目年齢は若くなります。

優秀なコントロールカラーなら、ファンデーションを使用せずとも充分な美肌効果があります。

★ステップ②ファンデーションは、クリームタイプかリキッドタイプを。

シワや乾燥の気になる40、50代の肌には、潤いと保湿力のあるクリームタイプかリキッドタイプがお勧め!

色選びで迷ったら、明るい方の色を使ってみて下さい。

黄色味が強すぎるものはくNGです。

「白浮きするのでは?」

そんな心配の声を時々聞きますが、それは付け方の問題です。

「ナチュラルに見せるためには?」

ファンデーションは、目の周り(眉~目の下~頬の高い位置)と鼻の、顔の中心だけに付ける感覚で!

あとは、スポンジなり指に残っているものを伸ばす程度でいいのです。

顔の隅々までつけるから、のっぺりと厚塗り白浮き顔になっちゃうのよ。

★ステップ③ポイントメイクの色は同系で押さえる!

カラフルなアイカラーはきれいで使ってみたいと思いますが、そこは我慢しましょう。

40、50代の顔はシワ、シミ、たるみなど複数の肌トラブルがでていますね。

そこに、多くの色をのせると、顔の中がぐちゃぐちゃに~

更にシワっぽい目元には、あまり大きな粒のラメ入りアイカラーもNG。

強めのラメはシワが強調されると共に、下品に見えてしまうことも。。。

それに光るということは、そこに人の視線が集まるということ。

じっーと、目元のシワを見られますよ。

「どうしたらいいの?」

例えばよく使われるカラーの、ブラウン系。

アイホール全体には少し赤みのある明るめブラウンを。

ダークなブラウンは、目元をくすませる上に、窪ませてしまうので老け感が出ます。(まぶたの際ならOK)

そして、くすみ肌の場合、チークは落ち着きがあり、肌馴染みのいいコーラルピンクかオレンジ系を。

その時リップは必ず同系色にすること!

全て暖色系の色を選ぶことで、くすみ老け感をカバーしてくれますよ。

★避けたほうがいいことは?

アイカラー、チーク、リップ全て違う色。

グリーンのアイカラー、ローズのチークに赤いリップなんて、おばさん感満載よ。

例えば、盛りすぎアイメイク。

そんな、どこかが目立つメイクはイタイ印象(がんばってる感)を与えます。

パステル系ではない、ブルー、グリーン、グレイ系の寒色でダークな色味も、若々しい印象にしたいのなら、避けたほうがいいでしょう。

メイクが崩れたり、夕方になったら顔全体が、どよ~んとしちゃうから。

これらを網羅している、とりわけ若々しい有名人が、吉永小百合さん。

今年なんと76歳!

この様に血色、潤い、ツヤ、この3つが揃うとことで、若々しい印象を与えることができます。

これで、自分から要求しなくても、自然と向こうから言ってくれますよ。

「え~全然、見えない!もっと若いと思ってた!」ってね(笑)

書いた人 一二三輝恵

35年以上にわたり美容業界に携わり、その内25年以上をブライダル業界で働く。 元々脚本家を目指していたこともあり、ブライダル業界にて 新郎新婦からのヒアリン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧