• HOME
  • 記事
  • オンナの旅
  • 「もしかして襲われる?」危険と隣り合わせの海外オンナ旅、現地男性に連れて行かれた先で私を待ち受けていたのは?

「もしかして襲われる?」危険と隣り合わせの海外オンナ旅、現地男性に連れて行かれた先で私を待ち受けていたのは?

オンナの旅

連れて行かれる車の中で、ほんの一瞬不安を感じた。

中心地を外れ周りはうっそうとした木々に覆われた、細い一本道にさしかかった時だった。

「やってしまったか?」

「私、大丈夫?」

ひょっとして襲われるのか?最悪その後殺されるのか?

現地男性に付いて行ってしまった私

神々が住む島、インドネシアバリ島。

ここバリ島は、ヒンズー教と仏教、バリ島土着の信仰が合わさったバリヒンズーという、独自の宗教の信仰者が9割を占めている。

その成り立ちからか街中に、イスラムと ヒンズー、 仏教、キリスト教それぞれの礼拝所が並んでる所がある。

「困った人や弱者には手を差し伸べる」その風習が根付いている人種の島。

それは、まさしく『神々の住む島』を実感した出来事だった。

ことの始まりは、仕事でバリ島に2週間ほど滞在した帰りの空港だった。

日本が冬の12月に、常夏の島に行ったことが身体に負荷を与えたのか?

夜のフライト予定でもあり、疲れ切っていた私はチェックイン後、搭乗ゲートのイスに腰かけたまま眠ってしまっていた。

遠くの方でしきりにアナウンスをしているようだ。

だが、ほぼ爆睡に近い睡眠状態の私には、英語とインドネシア語のアナウンスは子守歌にしか聞こえない。

ひと眠りして目が覚めて、辺りを見回すと誰も居なくなっている。。。

「ん?なんで?」

ぼーっとした状態で近くにいた空港職員に、フライト状況を聞きに行った。

「この飛行機はもう、飛んだよ」

目覚めて間もない私には、理解しがたい言葉の羅列だった。

「えっ?なんで?私ここにいたよ」

と自分で言いながら、事の事態にようやく気づいたのだった。。。

あっ~。寝てたからか、、、

あの子守歌のアナウンスは、もしかして私のことだったのか~?

空港職員が私のチケットを見ながら、どこかに連絡を入れていた。

「OK Come here! 」

案内されたガルーダインドネシア航空の事務所で、話がまとまった。

フライトを明日に切り替える、希望のホテルを取ってくれる、と。

どうやらアナウンスはしたものの、私の名前を言わなかったことに引け目を感じたくれたのか?

それとも、頻繁に利用しているからなのか?

無料で、フライトを振り替えてくれたのだった。(わーありがとう!ラッキーだわ)

安堵している中で、空港職員がホテルまで送ってくれるというので、一緒に空港内を歩いていると

「もし良かったら、家に泊まるか?」

「明日の出勤も夜だから、空港まで一緒に来れるし」

えっ?泊めてくれるの?

友達ではない一般の人の家に泊まれるなんて、こんな経験はない!

「ホント?ありがと!泊めて!」

よく考えずに即座に返事をしてしまった。

ということで、私は海外で今出会ったばかりの、オトコの人の家に泊まることになったのだった。

ヤバい?覚悟を決めて神に祈った

道中、食事をするために立ち寄った店は、私も大好きなピリ辛みそのカニ専門店。

掘っ立て小屋のような外観で、ワイルドに手で食べる。

バリに慣れていない日本人の感覚からすると、入りたくないような不安になるレストランだ。

とはいえ、現地の人なら誰でも入れるレベルの店ではない。

もちろん自分の分は支払うつもりでいたら、ごちそうしてくれたのだ!

空港職員という職業は、バリ島では高級取りで憧れの職種のひとつである。

だから私も、何も考えずに安心していた。(言い訳だが)

結構お家、遠いな~、そんな風に思っていたら

「ちょうど今日は、妻も子供も妹夫婦も、実家に帰ってていないんだ」

「だから、妹夫婦の部屋が空いてるからゆっくりして」

ちょっと待てよ!

ってことは?あなたと私二人で一晩過ごすの?

だが、よくよく考えたら私はこの人に家族がいるのか?とか独身なのか?とか何も確認しないで泊めてもらおうとしていた。

浅はかだった。

これ?マズイ?

〔バリ島で日本人女性殺害〕とかニュースになるパターン?

何度も来ていて、ひとりで行動することも多く、仕事柄現地の人との接触も多かった。

中途半端に、このバリ島に慣れていた。

海外だというのに、しかもオンナひとりだというのに、、、

私には緊張感というものが欠けていたのだ。

「信じるしかない」

腹を据えて勝負に挑むしかない!そう考えた。

彼の家に到着するまで、平然を装い会話を続けていた。

「ここ、妹の部屋。好きに使って」

彼の家の作りは、中央に台所(外)それを囲うように、兄夫婦、子供部屋、妹夫婦の部屋がそれぞれ別棟で建てられている。

よかった~。別の建物だ~。ひとつ屋根の下ではない。

「ハイ、パジャマにして」 「お風呂はここ、先にどうぞ」

おそらく奥さんのだろうと思われる、洋服まで貸してくれたのだ。(ホッ!)

翌朝、彼の手作りモーニングを頂いているとき

「実は今日、知人がホテルをオープンするにあたっての、プレオープンのパーティーがある。一緒に行こう!」

「オゥゥゥー!行く行く!」

わぁ~襲われなかった上に、パーティーまで参加させてもらえるなんて!

会場までの途中で仲間数人と落ち合うからと、ホテルの一室に立ち寄った。

そこにいたのは、企業経営者やイケメンパイロット達だった♡

パイロットが私に、スイーツのルームサービスを頼みもてなしてくれたのだ~

どうしよう!あっちもこっちもセレブ。

第二のデヴィ夫人のチャンスかしら?

一夫多妻制の国とか、石油王国とかに来ると、どうもこのような金持ちの第○夫人を妄想してしまう、貧乏人感覚の私。

でも、そんな話でよくオンナ同士は盛り上がる。

「大人になったらね、白馬の王子様が迎えに来てくれるのよ」

「かっこよくて、お金持ちで、あなたは幸せになれるのよ」

子供の頃のおとぎ話が、オンナの幸せの価値観を左右してたのだ。

そして実際大人になると

「愛があればお金なんて」と思う若い時代がある。

でも、年齢と共に愛だけでも、お金だけでも幸せを感じることは難しい。

そう現実を、実感するリアルな結婚観が生まれてくる。

その折り合いをどこでつけるか?

オンナの結婚後の人生はやはり、オトコに左右されてしまうから。

日本人の男性と違い、海外の男性は愛情表現が豊かだ。

それを真に受けて男性にのめり込み、お金を貢がされりして挙句捨てられる日本人女性の話をよく聞く。

ここバリでも現地に住んでる日本人から、そんな話をいくつか聞いたことがある。

もちろん、本物の愛できちんと結婚(一夫一妻の形)している人もいるけれど。

その後、プレオープンの素敵なホテルのパーティーに参加。

美味しいものをたくさん食べ、多くのセレブ人たちと一期一会の出会いをして、私は無事その日のフライトで帰国したのでした。

私の今回の行動は、たまたまいい出会いだったに過ぎない。

まだまだ、日本人の女性はお金や身体目当てで襲われる事件や、騙される事例が多発している。

アフターコロナでの旅行の際は、ハメを外しすぎないようあなたも気を付けてね。

最後に空港職員の方、疑ってごめんなさい。

そして、ありがとう!

書いた人 一二三輝恵

35年以上にわたり美容業界に携わり、その内25年以上をブライダル業界で働く。 元々脚本家を目指していたこともあり、ブライダル業界にて 新郎新婦からのヒアリン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧