女子大生が真剣に考えてみた「もし,自分の推しが炎上したらどうしよう」

オンナの叫び

昨今世間を騒がせている、YouTuberの炎上問題。彼らの謝罪動画や活動自粛を受け、SNS上ではさまざまな意見が散乱している。

私は彼らには詳しくないためその内容については触れないが、3次元の人間を推しているファンにとって、推しの炎上は他人事ではない。

私の推しに限ってそんなことあるわけない、と思わなくもないが、彼らも人間。これから先、いつどこで何があるかなんて、誰にもわからない。故意に炎上を起こすような人たちではないと信じているけれど、悪気のない行動が炎上につながってしまう可能性は誰にでもある。私の推し、天然多いし。

では。もし、大好きで大切な推しが炎上したら、私はどうすればいいんだろう。

推しの写真を手に、そんなことを考えてみた。

真実を知ること。

最初に考えたのは、「炎上の発端となった情報の発信源がどこからなのか」というので、その炎上に対する印象は変わってくるだろう、ということ。

例えば、某週刊誌がスクープとして報道して炎上するのと、推し自身の動画内での発言や行動が炎上するのとでは、訳が違う。前者は第三者からの情報だけど、後者は自分で直接炎上のきっかけを見ることになるから。

前者なら、それが真実なのかは100%定かではない。「推しははめられたんだ!」とか、私に都合の良いように勝手に解釈できる。後者は無理だ。実際に見てしまっているんだから。ただ、後者の場合、炎上する前に、「これは炎上しそうだな」と予測して、覚悟する時間を作れる。もしくは、私自身がその炎上に対して「特に問題なさそうなのに、なんで炎上したのかわからない」と思う可能性もある。

どちらの方が良いとは一概には言えないが、とにかく、まずは、炎上の元となった出来事についての真実を知ることが大切だと思う。いくら推しが大好きで大切でも、推しのやることなすこと全部を肯定する、いわゆる「全肯定オタク」だとしても、この時ばかりは炎上に関する書面や動画が公式に出るまで大人しく待って、できる限り客観的かつ冷静に真実を受け止めなくてはいけない。

…というのは理想で、きっと無理なんだろうな。炎上を見て思いっきり動揺するであろう自分が、Twitterのタイムラインに「え」「なんで」「嘘でしょ」「待って、信じられない」なんて言葉が並ぶ未来が、ありありと想像できる。

自分を守ること。

真実を知ったあとにしなければいけないのは、間違いなく「自衛」だと思う。自分が少しでも幸せな気持ちになるために推しを推しているのに、推しの炎上のせいで自分が辛くなったら元も子もないから。

私は他人に影響されやすいたちだから、他人が書いた推しへのコメントは、肯定的だろうと否定的だろうと絶対見ない。というか、見れない。どうせしんどくなるのはわかっている。

そして、コメントもしない。冷静ではないときに否定的な意見を持っていたら、批判ではなく誹謗中傷になる可能性がないとは言えないから。推しをこれ以上追い詰めて傷つけたくない。

肯定的な意見を持っていたとしても、きっと何もしないだろう。推しにとっては励みになるかもしれないが、この世の中には、残念なことに、推しを応援するコメントを書く人にまで突っかかってくるタチの悪い人がいる。そういう人の餌食にはなりたくない。

自分は、どうする?

炎上してしまった推しを推し続けられるのか。これは、ファンにとっていちばん大きな問題だ。

何も悪くないのに運悪く炎上してしまったのだったらもちろん推し続けるが、推しに非があった場合、推し続けるかどうかは、炎上の原因を許せるのかどうかにかかっていると思う。

自分の常識とか倫理観とかを鑑みた上で、許せるなら、それでも好きって堂々と言えると思う。ただ、自分が推し続けるからといって、他の人にまで推しを推し続けることを強要するのは違う。今まで推しが自分に勇気や幸せをくれたから、今度は自分が推しを励ましたい、推しを信じて待ちたい。そんな気持ちを持つ人も少なくないだろう。わかる。わかるけど、それを、「今まで幸せだったのは推しのおかげでしょ?

ここでファンを辞めるなんて、そんなの失礼じゃない?」みたいに言われるのはすごく嫌。私の気持ちは私が決める。

だから、もう推せないって結末もあると思う。推しと自分は別の人間なんだから、考え方や常識、倫理観が違うのは当たり前。その推しは、自分が思い描いていた理想の推しではなかっただけ。新しい推しを探したり、別の趣味に力を入れたりして、推しと決別する…

…なんて、私にできる?こんなに彼らが大好きなのに?

許せないけど、嫌いになれない。多分、こうなる可能性がいちばん高い。だって、推しが日常に溶け込みすぎて、推しを推すことが習慣化しているんだもの。以前のようになんでもかんでも追いかけることはしないかもしれないけれど

きっとSNSはチェックしちゃうし、動画が上がれば見ちゃうんだろうな。

推し事も、人生も、自分の気持ちに正直であったほうが楽しい。推しを推し続けるにしろやめるにしろ、それを他人には強要せずに、自分らしく自由に推し事をして、少しでも日々を楽しく生きたい。

まあ、炎上なんてしないのがいちばんいいんだけどね。

日下寿乃

ココから自分色に染まるライター 神奈川県の湘南出身、2001年生まれの現役女子大生。都内の女子大で総合政策を学び、メディア業界に就職するためにさまざまなスキ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧