「色白は七難隠す」ってナニ?性格&顔の欠点さえもフォロー!美容のプロが七難の意味教えます

ファッション・美容

もはや、日本は亜熱帯化している?

そんな気さえする毎年の夏の暑さ。

ご存じですか?

夏の紫外線の影響を受けると、肌は5歳は老けるという事を。

黒くなるとか、シミになるとか、乾燥、シワ、たるみ、くすみ。。。。

考えただけでも、老けこんだ気になってしまいそう。

出来る事なら、日焼けはしたくない。

透明感のある抜けるような白い肌になりたい。

それは多くの日本人女子が思うところ。

日本人が美白、色白に憧れるワケ

日本人の8割以上が、『美白』に強い関心がある、という調査データーがあるそうです。

そしてなぜだか、『色白』と言うと次に、『美人』とつなげたくなりませんか?

そんな日本でささやかれているのが?

「色白は七難隠す」

という名言。

それは色白美肌が人に与える印象、イメージから始まります。

白い肌、透明感のある美しい肌。

その肌を見て人は無意識下でその人の事を、次のように連想しているのです。

1、美人で
2、優しく
3、若々しく
4、上品さと
5、色気を持った
6、規則正しい生活を送り
7、幸せな人生を歩んでいる人

あなたの周りや、有名人の色白美人を思い出して。

当てはまりませんか?

何を隠してくれるの?七難とは?

いったい何を隠してくれる?

「七つの難!」

ちょっと覚悟して読んで下さいね。

1、目鼻立ちの悪さ(ブサイクな顔)
2、性格のキツさ(性格が悪い)
3、老けてる感(老化している)
4、みすぼらしさ(貧乏)
5、色気の無さ
6、だらしのない生活感

そして最後

7、不幸そう。。。。

最悪なイメージだ。

「いくら人の目は気にしない、とか、他人にどう思われようと関係ないわ」

そんなハートの持ち主でも、こんな風に見られてたら凹みますよね。

オンナとしては終わってる。

これではイイ男は落とせませんね(笑)

そう!ハイスペック男子、セレブ男のパートナーで、くすんだシワシワ肌のオンナは居ない。

社会的地位の高い男性は、パートナーを公の場に同行しなければならい事があります。

そんな時にパートナーが疲れて見える、くすんだ肌、荒れた肌では自分のイメージダウンにつながりかねないから。

~色白肌になるにはどうしたらいいの?~

『色白』と一口に言っても、肌によっては無理な事もありますよね。

問題は、七難の難に見えない事です。

・透明感のある くすみの無い肌

・ハリやツヤのある かさつきの無い肌

このような肌を想像してみて!

七つの難を感じさせない人になります!

私が現場で多くの女性の肌を見て、触ってきて感じること。

それは、本人が気づいていない『くすみ肌』です。

『くすみ肌』は一言でいうと、汚れた肌。

多くの女性が、自分の肌に適したクレンジング&洗顔フォームを使用していない。

そして、使用方法が正しくない。

使用料が圧倒的に少ない。

年齢、環境と共に肌質は変化していきます。

定期的にスキンケアの見直しをすることが、色白肌には欠かせないです。

いつまでも、あると思うなキレイな肌!

書いた人 一二三輝恵

35年以上にわたり美容業界に携わり、その内25年以上をブライダル業界で働く。 元々脚本家を目指していたこともあり、ブライダル業界にて 新郎新婦からのヒアリン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧