挙式当日に見る現実のオトコ、やっぱり理想のオトコは宝塚に有り!

オンナの叫び

幼い頃に夢見ていた、白馬の王子様。

シンデレラ姫だったり、白雪姫だったり。

青い瞳のスラリとした王子様とハッピーエンドを迎える。

そんなロマンチックなおとぎ話や、少女マンガで育つ子供の頃。

そして、ジャニーズや韓流スターに夢中になる乙女時代。

おっと!

再び中年になって、ハマる場合もある(笑)

なぜなら?

やっぱりオンナは王子様がスキ!

王子様と結婚した?つもりなんだよね

結婚式の仕事現場で、ため息が出そうになったのを、慌てて飲み込んだ覚えがある。

それは、初めて私が宝塚の舞台を見た数日後の事だった。

もともと演劇が好きだったので、ずっと宝塚の舞台が観たかった。

特にお気に入りのスターが、いたわけではない。

宝塚歌劇の世界を、覗きたかったのだ。

その世界は?

『美しい』それに尽きる。

当然だがトップスターの男役は、何から何まで完璧。

その、ひとつひとつの立ち居振る舞い。

流れるようなエスコート。

そして娘役に対する、眼差し。

まさしく瞳の中には、星☆が煌めいていた。

演目が何だったのかは、残念ながら覚えていない。

ただ、役者の美しさに、目を奪われていた事は覚えている。

それは花組の男役、春野寿美礼さん。

身長168㎝。女性としては少し高めの身長だが、男性として考えたら小柄な身長。

それが舞台の上では、とても大きく感じられた。

「女?だよね」

自問自答しながら、彼の?彼女の動きに見入っていた。

その感動冷めやらぬうちの、仕事だった。

写真撮影の為、新郎新婦をバージンロードの中央に案内する。

その後二人のポーズを作り込む。

カメラマンと同じ目線になる立ち位置に移動。

時にはレンズを覗き込み、細かくカメラマンと共にチェックする。

このようにして毎回、王子様とお姫様を作りあげるのが私の仕事。

カップルの数だけ、オリジナルな王子様が仕上がる。

だけど、この日はその仕事の仕上がりに『なんか違う』と思ってしまった。

これまで、そんな風に見えたことなんて一度もなかったのに。

そんな事を思いながら、挙式のリハーサルをするために、挙式専門アテンダーにバトンをタッチした。

少し離れた所から、現実の王子様を見た瞬間!

『あ~。全然違う。』

『なんなんだ、この違い。同じ人間、しかもあなたは本物のオトコ』

(ひと様の旦那様に対して、失礼極まりなくごめんなさい)

『おっかしいな。ビシッとしたタキシードも着ている』

『ヘアもセットしたし、実はメイクだってちょっとだけしてるのに』

身だしなみや、やっていることは同じなのに。

そうなのだ、現実のオトコが宝塚の王子様に負けているのだ。

オトコ達よ、モテたいなら宝塚をマネろ

それから数年が経過したある日のこと。

いつものように、現実の王子様とお姫様を仕上げた私は、二人をアテンドしチャペルへと移動した。

チャペル前でドレスを持つ手元から、視線を上げた。

その時、一瞬息を飲み込んだ。

『だ、誰⁈』

私の視界に映ったその人の立ち姿は、明らかに違った。

凛としていて、美しかった。

ちょっとしたトキメキさえ感じたのを覚えている。

スタッフに聞いた。「誰?あの人?」

驚きの回答が戻ってきた。

「元タカラジェンヌだって」

「えっ!!」二度見をした。

「はぁ~カッコイイ!もんね」

同僚が「目ハートになってるよ」(そちら路線ではないけどね)

正直言って、顔の印象はあまりなかった。

でも、佇まいが本当に素敵なのだ。

何故、元タカラジェンヌがチャペルスタッフの一員として、あの場に居たのか?

そこは不明だが、他のスタッフと同じようにダークスーツを着ていた。

それでも滲みでる、元男役の習性。

宝塚の男役の人は、当然ながら本当は女性。

『男』になるために。

『男』を意識して。

『男らしさ』を研究して。

徐々に素敵な『男』へと成長するのだろう。

男役の人は、洋画などを見て『男』の仕草や立ち居振る舞いを研究すると、聞いたことがある。

レディーファーストが当たり前の欧米。

女性を大事にする心があるからこそ、言動が伴うのだろう。

大事にされたい『オンナ心』を理解している女性が、男性を演じるからこそ、少女漫画の世界の王子様になるのではないだろうか?

代表的な〈ベルサイユのばら〉のオスカルのように。

小学生時代、クラスの?いや学校中の女子が〈ベルサイユのばら〉に夢中になった。

そこに、オンナが王子様に憧れる要因があるように思う。

オトコ達よ!あなた方は生まれながらにオトコだ。

でもそこに、あぐらをかき怠けていると、オトコとしての魅力がくすんでしまうよ。

(あっ!オンナもだね)

王子様を、現実の世界で見つけられないから?

オンナは100年以上もの間、宝塚のオトコに入れ込み続けているのだろう。

未来永劫かもね。

書いた人 一二三輝恵

35年以上にわたり美容業界に携わり、その内25年以上をブライダル業界で働く。 元々脚本家を目指していたこともあり、ブライダル業界にて 新郎新婦からのヒアリン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧