主婦って何ですか?〜専業主婦になり、問いかける毎日が続いた私〜

オンナの叫び

主婦のみなさん、今日もお疲れ様です。

私は、あなたを全力で応援したい!世界中の主婦に、「お疲れ様です。あなたは、今日も頑張ってるよ。」と声を大にして言い、ハグしてあげたいです。

主婦になった私

いきなりですが、私は専業主婦です。

結婚する前は、ダンスインストラクターとして仕事をし、実家で暮らしていました。

「主婦」になるまで、「主婦」をしたことも、「主婦」ってなんだろうと深く考えた事もありませんでした。

結婚し、出産、そして海外へ。

結婚をするまで、一人暮らしをしたことが無かった私、親の元で暮らしていた私。

家事を中心に一日が終わることは、一切ありませんでした。

そんな私が、家事と育児をする「専業主婦」になったのです。

突然、「今日からあなたが主婦です。」と言われたわけではないけど、心の準備もしていたはずなのに、何故か急に、大きな仕事を勝手に任された、そのような感覚になりました。

料理、洗濯、掃除。

そのある程度の家事を私は、できると思っていました。

でも、それは違ったのです。

エンドレスな家事

私の1日は、朝ごはんと弁当作りから始まり、洗濯物、家の掃除、後片付け、また料理となります。

そして、私は子供がいるので家事プラス育児。

育児の間に、家事を済ませる。

それは、簡単のように聞こえて、そうではないと実際に、経験することで知る事ができました。

どのように家の事をするのか、掃除は、どれをどの頻度でやったら良いのか、料理のレパートリーが少ないなど、知識が全くと言って良いほど持ち合わせていなく、手探りの毎日でした。

掃除に集中したいけど、洗濯物も畳まないといけない。

料理の準備をしていたら、乾燥機の洋服を取り忘れて、Yシャツがグジャグジャに、、、アイロンをしなきゃいけない。

掃除機をかけたいけど、子供が寝ている。

料理は、何を作ろうか、あのレシピが分からない、野菜や肉の準備が必要。そして、食後も鍋、フライパン、食器などを洗わなきゃ。

そして、一つの家事が終わっても、また増える家事。

それが、永遠に続いているような感覚に襲われました。

タスクは、消えない。

永遠に続く。

エンドレス。

終わりなき道を一人で、走っているような感覚でした。

それから、私は、「主婦って何?」と、考えるようになったのです。

主婦とは?

家事が、私の苦になってきました。

朝起きたら、それらが毎日待っている。

一つ終わっても、また一つ。

誰かにやりなさいと言われる事もなければ、言う事もない。

気を抜けば、全部が狂い、家事が溜まる。家事が出来ないことに、そして、終わらないことに、ストレスも溜まる。

「主婦って何?」そう、自分に問いかける毎日が続きました。

主婦とは?家事をする人?それだけかな?

家事って何?

家の事?家のことって何?

掃除、洗濯、料理?

どうして、掃除、洗濯、料理をするの?しなきゃいけないの?

掃除は、家を清潔に保つ為?

洗濯は、着る物を清潔に保つ為?

料理は、外食より、おうちご飯だとコストを抑えられる、健康でいるため?

じゃあ、どうして家を清潔に保ちたいの?どうして、着る物を清潔に保ちたい?何で、コストを抑えたい?、なぜ、健康でいたい?

次、次と掘り下げていきました。

私は、もともと料理をする事も、掃除をする事も好きではありませんでした。

それもあり、さらに家事が嫌いになり、永遠に続いているような感覚になったのかもしれません。

でも、「主婦とは何?」という質問からどんどん掘り下げていくと

いくつかの答えに辿り着いたのです。

それは、主婦とは、立ち位置の名前ということ、家事とは生きるための一つのライフスキルにしが過ぎないのではということ。

「主婦は、家事をする人。」

私は、そう捉えていました。

でも、家事だけを考えると、お金を払って代行してもらうことも、出来ます。

上記で言ったように、家事とは、生きるための一つのライフスキルにしが過ぎないのでは?

ということは、主婦でなくても、皆、生きるために家事をするのです。

私は、家族の一人として主婦という立場になり、掃除・洗濯をして清潔を保ち、料理をして家族の健康を守っている。

それは、旦那が働いている間に、出来ない事を、私がする。

彼が頑張って仕事をし、お金を稼いでいる間、私が頑張って家事をして、彼の足りないものを補っているのでは、ないでしょうか。

家族皆で、健康的に生きていくために、支え合っているでは、ないでしょうか。

だから、私は、今日も家族皆が、健康でいられるために、主婦という立ち位置で家事をします。

ミッチェル真理

日本の外からスマイル全開!ママさんライター 沖縄出身、海外在住ママライター。国際結婚をし、旦那の転勤を機に、現在、海外(中東エリア)に在住中。カフェやレスト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧