恋人をどの基準で選んでいますか?盲目的に愛さないために

オンナの叫び

完璧な人間はいない。

全てを満たしたような超人間のような人はいない。

それでも恋人やパートナーに全てを求めようとするから衝突が起きる。

人の価値観は様々で全く同じ価値観を持つ人は恐らくいないのでは無いかと思います。

その中で自分の価値基準で判断をしています。

相手と自分の価値観

自分がいいと思うこと全てを相手がいいと思うことなんてほとんどない。

悪いと思うこともしかりです。

むしろ全く同じならつまらなくないですか?

その中で違う部分や嫌な部分を含めてその人を愛していますか?

初めの頃は相手の良いところばかり見てしまいます。

恋は盲目と言いますが、全てが最高で素晴らしいと思い込もうとします。

人は今が良いと思う方が幸せだからです。

それが時間を過ごしていくとマンネリ化していって相手の悪い所が見えてきます。

これを相手が悪くなったと勘違いする人がいますが、元々その人はそのような部分があったということです。

つまり、変わったのは相手でなく、自分の見方であるということなのです。

嫌な部分が見えた時点で他責にしてしまい、不満が溜まり衝突。

そんなの勿体なくないですか?

相手を盲目的に見ないこと

恋の初めは好き以外の感情しか湧きません。

いいところだけ見つけて好きになって、
それは悪くないですがまずは一旦落ち着いて。

よくよく考えて自分の理想どんぴしゃりなんていないんだから。

だって、誰もがイケメンでお金持ちで優しくて地位も名誉もあって、
人を労ることができて言うことを聞いてくれて、
自分をお姫様のように扱ってくれつつも学びを与えてくれて常にときめきや楽しさを共有してくれる人
がいいじゃないですか。

上みたら際限ないんです。青天井。

であれば、目の前の人の真実を、ありのままをしっかり見て。

まずは相手を好きな気持ちがある状態でどこが嫌なのか自分と違うのか客観的に見れてるか確認する必要があります。

せっかく出逢えた大切な人を初めからきちんと見定めて欲しいのです。

その部分も含めた上で、その人を選んだならきっと長続きします。

自分が相手に何を求めるか、どの部分に惹かれたのかというプラスの部分と、
どこが違ってあまり好きでは無いのかというマイナス部分。

そのどちらもをきちんと理解した上でパートナーを選んでみてください。

完璧な理想人間なんていないんです。

あなたも同じようにね。

ピックアップ記事

関連記事一覧