自称オンナ友達は地雷。オンナ友達を絶対に信用するな。

オンナの叫び

浮気するやつはくそ。

これは誰もが思っていることだろう。

私もそうだと思うし、間違いない。

他のオンナに寄ってこられてほいほいほいほいついていく男を見ると「はい、ギルティ。帰っていいよ。」って感じになるけど、それよりも腹が立つのが自称最高のオンナ友達卍(以下オンナ卍)とか言ってる奴らだ。

秘儀「○○くんの彼女さんですかぁ〜?」

彼氏が同じコミュニティにいない場合、彼氏の属しているコミュニティには必ず知らない女がいる。

これは圧倒的理系電子系男子学生以外必然である。

正直私としては仕事であろうが他のオンナは排除したいが、それは一旦置いておこう。

まぁ、例えばたまたま彼との待ち合わせが彼の仕事場や学校の近くだったとしよう。

そんな時にオンナ卍がいたら意気揚々と話しかけてくる。

「え!え!もしかして○○の彼女さんですか??え〜、本物だぁ!いつも話聞いているんですよぉ!」

よし、まず言わせて欲しい。

彼氏と彼女が今からデートをするのです。

これは誰が見てもわかるよね?

なのに何でお前いるの?ん?

まぁ、それはいいとして、今からデート行くんだけど、何で話しかけたの?

え?今から君とのおしゃべり時間なの?

てか誰?君知らない人だよ?

あと何そのいつも聞いてるって。

相談されているんですよ、的な?何ですか?

と、まぁ気になる点はありつつ挨拶を返そう。

「あ、初めまして(心の底からの愛想笑い)」

「初めまして〜!え〜〇〇にこんな可愛い彼女いるなんてもったいない!
だって〇〇だらしないとこあるじゃないですか?大変ですよね><」

ちょっと待て。

ん?え?何言ってんの?

”私の方が知ってます”アピール?何それ?

てか人の彼氏貶さないで欲しいんだけど、何だこのオンナ。

それにあなたに心配される筋合いないんだけど。

何で”私の〇〇がお世話になってます感出してるの?何?

それに、じろじろ上から下まで見てんのは知ってんだぞ?私のこと品定めしてるよな?

と心の中にふつふつと嫌な思いだけ溜まっていくオンナ卍。

と、まぁいくつか言ったけど、私から伝えたいのはこの一言、

「君、もう喋んな^^」

「あいつのこと悪くいうなよ!」ブルータス、お前もか

そんなオンナ卍がコミュニティにいると思うと心中穏やかではない。

でも一旦は静観をする。

すると、

「ちょっと女友達とご飯行ってもいい?」

と聞いてくるじゃないか。

心の中は一択だが、嫌な予感はしつつも聞いてみようか。

「ん〜、ちなみに誰といくの?」

「え、こないだあった(オンナ卍)だよ。」

はい、出ました。

「えっと、それは二人で?」

「うん。」

いや、当たり前みたいな顔してうんって言うな?

「え〜、ん〜、私と付き合っていることその子知っているよね?」

「そうだね。」

「そっか…、それで何でご飯行くの?」

「え、普通に!それに彼女さんさえ良ければって向こうも気にかけてたよ。」

…はい?”彼女さんさえ良ければ?”

まるで彼女さんの許可はちゃんと取るように確認させました感出してるけど、
そもそも彼女持ちの男と二人でご飯とかおかしいし、許すわけないよね?

何?なめてんの?

あと、普通って何?その普通普通じゃないから。

…いけない。口が悪くなる。

「ん〜、でもやっぱ他の子と行かれるのは嫌だなぁ。女の子だし」

「え!何で!いい子じゃん!あって思わなかった?」

思ってないわ!と突っ込みそうになったが、言えないので

「ん〜、悪い子ではないかもだけど、あんまり仲良くして欲しくないっていうか、
近くにはいて欲しくないかも」

「何だよ…、あいつはいいオンナ友達だから、そんなふうに悪く言うなよ。」

…ん?え?今かばった?かばったの?

彼女よりオンナ卍を取るの?え?ブルータスなの?君裏切るの?

たくさんのはてなが飛び交う。

挙げ句の果てに

「…まさか、そんなこと言うとは思わなかった。」

と言って不機嫌になる君。

おっと、こっちが悪いのか?悪者なのか?

うん。よし!これはだめだ!

こうなったら最後、もう彼氏は私よりオンナ卍のことしか考えられなくなる。

グッバイ、君はもう元彼だ。

自称女友達だけはやめろ

これだけはみんなに言いたい。

自称女友達はやめろ。

今回はいい子ちゃんパターンだったが、
「こいつのこと男として見たことないからww」と言うサバサバパターンも地雷だ。

こっちはサバサバで女として見られないとか言いながら
肩出しや胸を強調した女を主張した服しか着ない。(あくまで偏見だが。)

地雷臭がぷんぷんする。正直関わりたくない。

彼氏にするなら女友達の少ない奴にしろ。

気をつけろ…

絶対オンナ卍はどこにでも潜んでいるぞ。

本当の女友達は彼女ができた男に絡みに行かない。

そのオンナのダウトを見逃すな。

ピックアップ記事

関連記事一覧