2021年 6月

オンナの叫び

「教室」という世界の中心になるために、声のでかいあの子の給食に、体液を混ぜた。

わたしは小学六年生の頃、独りになった。 ひたすらに本を読み、誰からも話しかけられず、そんな自分を放っておく周りを憎んでいた。 わたしと正反対の存在 そ...