押し売り販売は嫌!元アパレル接客員が思う、商品の売り方について

オンナの叫び

店員さんが理由で行くことをやめた

アパレルや派遣で販売やキャッチをしていて、基本的には押しはいらないとおもっている。

私は元々アパレルの声掛けやキャッチが苦手で、話しかけないで欲しいと思うタイプだった。

1度だけならまだしも何度も何度も声掛けられたり、しつこいキャッチにはうんざりしてしまう。

ウィンドショッピングをしていると”買わないなら出ていけ”と言うような圧を感じることもある。

いろんなお店を見て買いたいのに、そんなことをされると嫌な気持ちになる。

そのせいでもうあの店には行かないなと思うこともしばしばあるくらいに。

例えいい服でも店員さんが嫌ならここで買うのは止めようとなってしまうこともある。

それくらい接客というものは大きいのだ。

私の接客スタイル

私がアパレルで働いていた時の基本的なスタンスはシンプルに声をかけるだけ。

アパレルでは「お鏡合わせてください」や「お試しできますよ」と話かけるのは
自由に服を見ても大丈夫ですよ、私に声掛けても大丈夫ですよという意思表示で、

キャッチでも「今〇〇(サービス)しています。」とアピールをするだけなのである。

そうすると実際に買う意欲や興味のある人は向こうから話しかけてくるのだ。

結局、買う人は何もしなくても買うし、買わない人は買わないと私は思っている。

私たち販売員はその背中を押してあげる、もしくは分からないを教えてあげるサポートが1番の仕事だと思っている。

お客様のことを果たして考えているのか?

歩合かなにかわからないがとりあえず押し付けや押し売りをする人は基本的に好きじゃないし、お客様のことを考えてない気がしてしまう。

正直似ていないものを似ていると言ったりすることは簡単である。
でも、それをすることは誰のためなのだろうか?

少なくともお客様のためではないだろう。

狭い通路でグイグイ来るキャッチや、
一人で見たいのに何回も話しかける店員さんは正直お客様へ対しての嫌がらせのように思えてしまう(そのつもりはなかったとしても)。

もちろん、お客さんの立場になった時に店員さんに悪い態度をとることもおかしい話ではあるが、
うっとおしい態度をとってしまう気持ちもわからなくはないからどっちもどっちなのだろうが。

販売員はお客様へサービスを行うことが仕事なのに、とりあえず買わせる。
みたいなスタンスを持っているところを聞くとうんざりしてしまう。

そして、お客さんとしても無視や嫌な態度をとるのもお互い気分は良くないだろう。

ただ、嫌な接客をされすぎて接客=うざいと思い込んでいるところもあるのかなと少し思ってしまう。

忘れてはならないのはお金を貰って働いているからには自分はそこのお店の顔であるということ。

バイトだから、知らない人だから、とりあえず売ればいい。というのはシンプルに間違っている。

だから私は相手に喜んでもらえるということを一番に考えながら接客をしている。

お客様は神様ではないが、いないとお店は成り立たない。

あの人に接客してもらってよかったと思ってもらえる人になるのが正しい形だと思う。

数値や賃金を目標にするのも大切だが、1番の目的を見失わないようにしたい。

ただの押し売りセールスにならないように意識して欲しい。

書いた人 はなりん

流行や恋話が大好物!イマドキOL女子 社会人になり神戸より上京。 好奇心旺盛で自分の心に響くものを信じて突き進み、学生時代はミスコンやボランティア、ビジコン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧