”マスク外し恐怖症”マスクを外すことがこんなに辛いなんて!

オンナの叫び

コロナが流行したこの世の中の必需品

それは”マスク”。

老若男女どんな人でも必ずつけている
そんなどこか非現実な社会になりましたが、1年たち慣れて来た人々もいると思います。

でも、問題が一つ。

マスク姿が初めましての人が増えたことで、マスク姿が第一印象となってしまうという問題が…。

マスクの下がきになる…!

実は、私はコロナに先立ってマスク女子でした。

年がら年中マスクで過ごしていました。

理由は簡単。

楽だから

食後の青のりも、そよぐ鼻毛も、堪えきれないあくびも

全部隠してくれるのがマスクだからです。

そんな私はマスクが必需品になっていました。

その時には忘れていたのです。

人は隠されているものに興味を湧く性質を持っていると。

大学生になった私は、入学時からマスクをしていました。

それを気にするわけでもなく、四六時中マスクをしていた私は気付かなかったのですが、
周囲の人たちはずっと気になっていたのです。

マスクの下はどうなっているのか…?

「〇〇学部のAってずっとマスクしてるよな?マスク外したら可愛いのか?」

入学してからしばらくの間自分が話の中心になっているなんて知る由もなかったのですが、
否応でも体感する瞬間があったのです。

それは昼食時。

ご飯を食べるためにはマスクを外しますよね?

その瞬間!

一斉に男子たちの目線が私に集まるのです。

そうすると、見せたくないものでもないのに視線が気になるんですよ!!

それはまるで全裸をみられているかのような気分に笑

これが、初対面の姿がマスクの弊害を初めて感じた瞬間でした。

マスク外すと残念…ww

マスクで隠れているのは恥ずかしいだけでなく、マイナス効果もあるんですよね。

最近広告で見る「マスクを外すと残念女子ww」などと言うワード。

そうなんです。

隠されていることで期待値が高まり、勝手に実際より美化されるんですよ。

「マスクしていると美人だと思ったけど、その下見たら残念すぎて笑える笑」

悲しいことに身近な人からもよく聞くんですよね…。

人は想像で理想の姿をイメージするらしい。

「そんな…、理想の姿に勝てるわけなくない!?」

その通り、勝てるわけないんですよね。

そこから私はマスクの下を見られることに恐怖を感じるようになりました。

「マスク外し恐怖症」

名付けるとこれでしょうか?

勝手に美化しないで!

「マスクの下気になるよね〜」

私が、今一番怖い言葉です。

だってマスクの下が残念だったとしてもみんな絶対言わないじゃないですか!!

変に期待されたくないのに、マスクってだけで期待されて。

勝手に理想の姿を押し付けるな!って話なんですよ。

4月になって新生活になって、
マスクの下を知らないまま一緒に過ごしている人も多いと思います。

本当は気になっているかと思うのですが、
できるだけ、できるだけ美化しないでほしいのです。

意外と残念と思ったら態度に出てますよ?

皆様どうか心は無に、
マスクの下をジロジロ見ないようにしてください…。

書いた人 はなりん

流行や恋話が大好物!イマドキOL女子 社会人になり神戸より上京。 好奇心旺盛で自分の心に響くものを信じて突き進み、学生時代はミスコンやボランティア、ビジコン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧