美人は三日で飽きる?玉の輿になりたいオンナが美人に勝つための方法

オンナの叫び

誰でも美しくなれる

女は顔だ。

そう思われることは多い。

実際、年収が高い男性の奥さんは美人だし、大手企業に入ってる人も美女揃い。

綺麗だと得することも多いし、優遇されることも多い。

どれだけ綺麗事を並べても一番に見た目が良くないとそもそもの土俵にすら立てないことも多いのが現状である。

実際、綺麗な格好をしているときと、スッピンで雑な格好をした時では周りの反応や対応、
視線までも圧倒的に違うということを身をもって経験している。

そんな世の中だからこそ美容整形の市場は大盛りあがりで、
みんな見た目に気を使い湯水のようにお金をかけ今より一層美しくなろうとする。

ただ、もうそうなってくると
もはや”誰でも綺麗にはなれる”ということでもある。

お金と労力さえ惜しまなければ誰だって美しくなる。

これは必然の理だろう。

なぜ美人は3日で飽きるのか?

美人は3日で飽きるというが、それは美人に飽きているのではない。

見た目だけの面白味のない人だから飽きるということだということ。

見た目の美しさがあればその他の努力をしなくてもある程度旨味を感じれるから当然だろう。

現に身の回りの美人はみんな話はつまらない。

そうなると大切なことは、見た目は誰でも美しくなれるのだから知性と教養を磨く必要があるということになる。

最高ランクの男性のパートナーになるために

先に年収の高い男性と結婚するのは美人が多いと言ったが、
さらに優秀で莫大な金銭を持っている男性は美人ではない妻を持つことが多い。

これはなぜか?

妻に対してパートナーとしての役割も求めているからだ。

見た目ばかり気にして着飾っても中身がなければただのお飾りと同じ、
たくさんお金を持っている男性からしたら観賞用の飾りはいくらでもいるのである。

いくらでもお金で女がよってくるからだ。

見た目に気を使っている女は虎視淡々と玉の輿を狙っており、
男側もそれを知った上で仲良くしている。

ただ、絶対にパートナーには選ばれることはないだろう。

だって顔だけの女なんて腐る程いるのだから。

その中でパートナーとして人生を共に過ごしたいのであれば頭を磨くほうがよっぽど正しい。

見た目はみんな磨くが、知性と教養は女性になればなるほどあまり磨かなくなる。

男性より劣ってる方が可愛いとよくいわれているが、
それはある一定値までの地位や年収はあるが、自分に自信のない虚勢をはりたい男性向けである。

そして、そこの層にマッチしたいのであればもちろんそれは正解ではあると思うが、そうではないだろう?

きっとみんな虎視淡々とはるか上位層を目指していることと思う。

そうなのであれば、男性に自分より優秀だと思わせなければならない。

男性はランクを意識する傾向にあるので、
自分と一緒にいるメリットがあると思わせるために男性より秀でている部分を持ち合わせなければならない。

最高の上位層の男性はあなたと一緒にいると視野が広がるとか、
新しい知識をもたらしてくれるというプラスアルファがあれば人生のパートナーとして選ぶのだから。

見た目を磨くことだけに力を入れたとしてもその他大勢と同じになるだけだ。

ただ可愛い、綺麗なだけは年と共に劣っていく。

そこでも優位に立つためには才女にならなければならない。

本当の才女を目指せ!

才女というのは学歴ではない。

学校の勉強とかではなく、
男性のビジネスへの理解、
会話を広げるトーク力、
相手が話しやすくするための相槌等の知識と共に頭の回転を有するものである。

なぜ銀座のホステスさんがあんなに美しいのか?

それは美貌と共に教養と知性をもち合わせているからである。

美人だから何もしなくていい、可愛くないから美しくなるための努力だけをする。

それだけじゃ望むものは手に入らない。

仮に日本のトップ女優を見て欲しい。

美しさに演技力や自分のブランディング、イメージ努力、仕事への熱量など
見た目だけでなく全ての項目で負けているのがわかるだろう。

美しさでも勝てないのに、一般人の中で少し秀でているだけの若い女が鷹を括っている場合ではない。

求めるものが高いのであれば自分をその位置へと持っていかなければならない。

そのための努力を惜しまないで。

自分の理想の男性のパートナーの座を掴むのはきっとアナタだ。

書いた人 はなりん

流行や恋話が大好物!イマドキOL女子 社会人になり神戸より上京。 好奇心旺盛で自分の心に響くものを信じて突き進み、学生時代はミスコンやボランティア、ビジコン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧