震災であらわになった人間性。ブライダルスタッフが振り返る「結婚式ってそんなに大事ですか?」

オンナの叫び

初めて体験した大きな揺れ。
これはただ事ではない、そう日本中が感じた2011年3月11日。

数十メートルの津波が街を飲み込み、家や車あらゆるものが流されて行く。
テレビ画面に写し出されるその映像は、衝撃的だった。
同時に、我が目を疑い現実として受け入れ難く感じていた。

今、結婚式する必要がどこにあるの?

東日本大震災の翌日は土曜日だった。

当時私は、人気の結婚式場でフリーランスのヘアメイクとして業務をしていた。

繁忙期の3月。
当然、翌日は挙式がマックスの件数で入っていた。

惨事の状況が少しずつあらわになると、業務連絡が絶え間なく入ってきた。

「10時挙式○○家○○家キャンセル」
「15時挙式△△家△△家延期」

取りあえず明日はみんなキャンセルだろう。

だって、電車動いてないし。明日動くの?液状化現象や地盤沈下のニュースも。
東北からのゲストは絶対、来られないし。

しかーし!

何故か私の担当のお客様の名前が出てこない。。。
夜遅くなり、電話が鳴った。

「○○家○○家は、挙式予定通り有りです」

「えっっっー!やるんですか?」

「そう。やりたいんだって。他は全部キャンセルだけどね。。。。」

担当プランナーも困惑。

当日、案の定ゲストは来られない人続出。
何とかご来場されても、大幅遅刻。
結局、予定の半数のゲストしか出席されなかった。

多くの電車が動いていないか、大幅に遅れていたり、徐行運転だったり。

式場近くに住んでいるお二人は、歩いて来られるものね。
だから、そこには考えが及ばなかったのかしら?

ね!
鉄道関係のお仕事をされていた、御新婦さま!

ときに結婚式って、周りが見えなくなる魔物だから仕方ないのかな。

消防士の仮面を被った新郎

地震による津波は最大遡上高40メートル以上にも上った。

各地で発生した巨大津波と、それに伴う津波火災。
被災地では、多くの消防隊員や消防団が、その貴重な命を落とした。

日を追うごとに被害の尋常ではない大きさや、むごさが露出してきた。

瓦礫の撤去や遺体の収容、避難所への誘導や、物資の配達。
混沌とした中では盗難も発生する。
地域のパトロールもしなければならない。

それら全てが、当時の消防士や団員の担当となっていた。

当然地域の人だけで足りるわけはない。
日本中の消防士が順次現場入りした。
それは、数か月にも亘る過酷な任務であっただろう。

そんななかでも、東京では、、、、

結婚式を挙げるカップルは結構いるもんだ。

まあ、身内に直接的な被害者がいないのであれば。
日本中が、悲しみの渦中にいる中だからこそ、明るい話題があってもいいかな。

だけどーーーー!

いたのだ。
消防士という職業に従事しているお客様が。

確かそのお客様の挙式日は、5月の上旬頃だったと、記憶している。

ご新婦のヘアメイクをしている中、聞こえてきたのだ。

「良かったよ~行かなくて済んで」

「東北行きを言われたんだけどさ、イヤだから断ったんだよ」

「だって式の1週間前だぜ。めんどくせーよ」

えっーーーー!

ご新郎!イヤって?めんどくせー?

そしてこんな言葉も聞こえてきた。

「上司にも『式を延期出来ないのか?』とか言われたんだけどよ」
「良かったよ。結婚式で」

延期、できますよ。料金は発生せずに。
ましてや日本の危機、人命に関わるお仕事が理由なんですから。

挙式には間に合わず、披露宴にギリギリに到着した同僚達。

東北で震災の被害者を救う為、必死に働いて現場から式場に直行したようだ。
顔は疲れ、少し薄汚れてはいたが、その勇ましい姿には尊敬!

貴方達のその働きで、救われた命や遺族の想いがたくさんあっただろう。

ご新郎、あなたは何で消防士になったのですか?
結婚式って、そんなに大事でしょうか?

一人、東京から逃げ出すのか!

地震から1時間後に起きたのは、巨大津波だけではない。

福島第一発電所のメルトダウンだ。

翌日の3月12日、15時36分には一号機、三号機が続いて白煙をあげた。
この水素爆発の映像は、世界中に衝撃を走らせた。
今も、多くの人の脳裏に焼き付けられている事と思う。

その日の20時50分より、随時避難指示が発令された。
現在も10万人以上の避難住民がおり、故郷に帰れる目途は立っていない。

放射性物質を伴う漏洩としては、世界最大規模の大惨事となってしまった。

この為、放射能の影響による多くの問題と、課題が今だ山積みである。
幸いにも、遠く離れたこの東京で暮らしている分には、被害は及ばない。
それでも!

心配性な人はいる。

4月、挙式を3日後に控えたお客様情報が入ってきた。

「○○家○○家 挙式中止」

「理由!新郎逃亡!」

へっ?!
新郎逃亡? どういう事?

『放射能が降り注いでいる東京には、コワくていられない』

ひとり、関西へ行ってしまったそうだ。。。

残された、ご新婦からのご連絡でした。

ご新婦さま!入籍前で良かったじゃないですか!

あなたを本当に、大事にしてくださる男性が他にいる!

神様からのメッセージですよね💗

書いた人 一二三輝恵

35年以上にわたり美容業界に携わり、その内25年以上をブライダル業界で働く。 元々脚本家を目指していたこともあり、ブライダル業界にて 新郎新婦からのヒアリン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧