あなたのお化粧、肌に合ってないかもよ?アラフォー世代「ズレメイク」回避の決め手はコレ!

ファッション・美容

時は流れている、それは老いているという事よ

メイクにもファッション同様、その年の流行があります。

例えば
『2021春夏アイカラーはアースカラーがおススメ!』
『この秋冬の、アイラインは長めがキテル!』

その年の人気色をメイクに反映させることで、一気にトレンドの顔に!

それは特徴があればあるほど、オシャレ感も上がるもんです。

でもーーーー

裏を返せば?
特徴的なメイクは時代背景をも表すので、要注意!!!

アラフォー世代以降のあなた、大丈夫?

ハマトラメイク引きずってない?

1980年代に大流行した、そう!あのメイク
紫がかったマットなピンクルージュ&ブルー系のアイシャドウ

20歳代の頃は、もちろんそれが似合っていたと思うの。
それなりに。。。。

でも、今は 違ーう!

老化したエイジングトラブルの肌に、20代の時と同じメイクはムリよ!

特に、特徴的なピンクのルージュ(リップじゃなく、ルージュなの)
スカイブルーに近いようなアイカラー

これはどちらも本来は、日本人の肌色や顔立ちには馴染みにくいの。

ハリと透明感のある若い肌だからこそ、成り立っていた当時のメイク。

そして数年前に、再流行したのが

太眉&赤リップ

それも、ちがーううう!

それは20~35歳ぐらいまでの、オンナの子に向けてのメイクトレンド。

「あ~!私が20代の頃も流行ってたから、またしてみよう!」

で!

トレンドの顔になったつもり?

それは大きな間違えです!

あなたの肌も、ファッションもね
既に今の20代のオンナの子とは違うんだから~

老け見え&若作りのイタイ印象はココにある

メイクしていて次のような事、思い当たりませんか?

★ファンデーション塗っても パッとしない

★くすみ、しわが気になりファンデが厚塗りに

★眉毛は細目の一本眉

★目元がポイントだからアイシャドーは濃いめ!

★アイカラー、キレイな色が出ない

★やっぱりキラキララメは大きめが好き

★アイライン、パッチリ目元の為にぐるっと囲む

★顔をハッキリさせる為、口紅は濃いめの色

★可愛さアピールの為に、チークは丸くハッキリ入れる

★まつ毛命だから、上下バッサバッサになるまで黒のマスカラ

ひとつでも当てはまれば?

立派な昭和顔!

老け顔協調、痛々しいメイク。。。。

アラフォー以上の美しいメイクポイントはコレ

アラフォー世代以降の大人のメイクで、一番意識したいのは上品さ。

肌の美しさとツヤ感。

バランスのとれたポイントメイクで、ナチュラルな若々しいイメージに!

メイクポイント

① コントロールカラーのピンク系、オレンジ系を用意

多めに顔全体にしっかり叩き込むように付ける。

これは、エイジング肌の色ムラを整え、くすみを抑える効果大!

②ファンデーションは、カバー力があり潤い力もあるクリームタイプかリキッドタイプがおススメ

(乾燥しがちなアラフォー世代以降の肌に、パウダーファンデはシワっぽくなるのでNG)

③気になるシミは、固めのコンシーラーをピンポイントにのせる。

(シミより濃いめの色を使う。ぼかすのは、輪郭だけ)

④ くすみやすい瞼、目の下は、明るいコンシーラーを。

(又は、フェイスパウダー後にラメの入っていない薄いピンク系やベージュのシャドーを代用)

⑤ぼやけた唇のラインもファンデかコンシーラーで消しておく

(年齢と共に、口角が下がり唇のラインもぼやけてる)

ファンデの塗り方、一番大事なこと

顔全面にファンデを付けない事!
(よくいる、白塗りお面のメイクはこれが原因の一つ)

・ファンデは眉間、目の下の三か所に少量のせる。

・次に眉間からまぶた、目の下、頬の高い位置、Tゾーンの順に伸ばす。
(ポイントは叩き込みながらつける事)

・顔の外側、額の上部は指に残っているファンデを伸ばせばOK!

顔はキャンパス!メイクは絵画!

顔の肌は、絵で言うキャンパス。

ファンデーションの後に、色や線をのせていくもの。

キレイに発色させるためには?

なるべく白(キレイな肌色)に近くしておく事が大切。

色が気に入って買ったアイシャドー!

思ったように色が出ないのは、肌がくすんでいるから~

後は、盛り過ぎないポイントメイク。
(アイシャドーが目立ち過ぎるのはケバイ印象に)

内側から、ぽわッと感じる血色感のチーク。
(チーク付けました感のある顔は昭和の顔に)

つやのある、肌なじみの良いリップを。

これで上品で幸せ感漂う大人のメイクが完成!

書いた人 一二三輝恵

35年以上にわたり美容業界に携わり、その内25年以上をブライダル業界で働く。 元々脚本家を目指していたこともあり、ブライダル業界にて 新郎新婦からのヒアリン...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧