「IDとパスワード文化」に全力で文句を言いたい

オンナの叫び

IDとパスワードが嫌いだ。シンプルにうっとおしい。

マイナンバーカードとかいう応募者全員大サービス的な紙はなかば押しつけのように流通させたくせに、SNSやオンラインショップ・サブスクリプションなどさまざまなメディアが何かにつけてIDとパスワードを聞いてくる世の中。
この仕組みはどうにかならないものだろうか。

「IDとパスワード」を忘れたら即“詰む”

IDとパスワードを登録した時、だいたい親切に「この情報を記憶しますか?」とポップアップが出てくる。
しかし性格がせっかちな私は、きちんと読まずに「閉じるボタン」を連打してしまい、ひとりで「あッ!!!!!ウワア~~~」と毎回叫んでいる。

憎きインターネット・システム。あいつら私のことをすぐ忘れる。入り口で「あなた誰でしたっけ?」と聞いてくる。
いやこないだおまえん家行ったやんという気持ちになる。私行ったやん。なんやかんやネットショッピングして、まとまった金まで払ったやん。忘れるなよ。

IDもパスワードも思い出せない私は、しゃーなし思い浮かぶIDなどを入れてみる。けれどもそれが違うと出るとマジでパニックになる。
私が一生のうちに押す「パスワードを忘れた人はコチラ」の数は、一生のうちに猫を愛でる数と同じくらい多い。

パスワード管理に ひそむ「トラップ」

パスワード管理において、いくつかのトラップもある。

ひとつはIDがメールアドレスというパターン。クソキレそうになる。だったら最初から「IDは?」じゃなくて「メールアドレスは?」って聞いてこい。
「彼女おるん?ふーん…じゃあ好きな人は?」て聞いてくるめんどくさい女かお前は。

 

もうひとつはセキュリティの強化というパターン。せっかく新規でパスワードを作成したのに「パスワードは10文字以上必要です」だの「大文字と小文字を組み合わせてください」だの余計なアドバイスをしてくる。気合いの入った家庭教師か。
私のセキュリティレベルを私以外の人間が定めるなよ!そこだけは私の自由だろ!

 

これらのトラップが災いし、私はIDとパスワードを管理するのがますます億劫になってしまうのだ。

「私は悪くない」と叫びたい!オンナの本音

ちなみにこの「IDとパスワードが覚えられない問題」、このズボラな性格は実生活にも支障をきたしている。

我が家の玄関のドアは鍵が2つ付いている。私はいつも「上の鍵か」「下の鍵か」「その両方か」、どの鍵をかけるかを決めていない。

だから帰った時はまず上の鍵をけてガン、下を開けてガン……「は???開かんやん」といった現象が頻繁に起きる。


 ああもう!こうなったら不満を大声で叫ばせてくれ!


鍵を2つ作るのはどうしてだ!他人の家に侵入しようとするバカがいるからだ。
IDとパスワードを設けるのはどうしてだ!他人のプライバシーを侵害しようとするクズがいるからだ。

つまり、この「自衛しなくてはならない物騒な社会」が悪いのだ。IDとパスワードを覚えられない私は何も悪くない!!!

 

ちなみに一番意味が分からないのはパスワードを忘れた時の「秘密の質問」という謎のシステム。小学校の卒業式で女子軍団が配り歩く、あのプロフィール帳みたいなくだらない質問が並ぶ。
何が「母親の旧姓は?」や。福田じゃ福田。そんなんで「じゃああなたは◯◯さんですね!」とはならんだろアイデンティティなめんな。

書いた人 みくりや佐代子

広島県生まれのライター・エッセイスト。広島大学教育学部在学中に学生結婚。2019年より趣味の一環としてコンテンツプラットフォーム「note」にて「ちゃこ」名...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧