トイレ掃除と陰陽の関係~金運爆上げの風水とは~

健康・メンタルヘルス

タイトルだけ見ると

なになに?何の事・・・?

となりますよね(笑)

ズバリ「金運をいかに上げるか」と言うことについて話たくて、
実は「トイレ掃除」「陰陽」「風水」この3つは微妙に関係していて、昨年末から私の頭を悩ましている事柄なのです。

三つの関係性

風水ではトイレ掃除は金運爆上げには欠かせないものとして「西に黄色」や「玄関の水拭き」と同じ様に有名です。
これは、不浄な場所を掃除で清めることで金運だけでなく家全体の運気を上げることにつながると言われてきました
不浄な悪い気はそのままにしておくと悪い運気をどんどん呼び寄せるんだとか。

トイレには女の神様がいて、綺麗にすると美人になるとか、妊婦さんだったら安産になる、可愛い子が生まれる、と言われてきたりも、歌になったりもしていますよね。
はたまた、烏枢沙摩明王様という火の神様がいて、トイレを綺麗にするとご褒美に持っている金銀を分けてくれるというのも有名な話です。

陰陽でトイレは「陰の気の強い場所」として、よく言われがちな吉方位など家の中のどの位置にあるとか全く関係なく
「くら〜いモノが貯まる場所」と言われています。
更に、水も関係してくるので、気が滞ってはアウトなんです。

川の流れを想像してみてください。
流れている川は水が綺麗でゴミなんかも端っこに溜まっていないですが、岩があったり、ちょっと窪んでいたりして流れが遮られている場所は水も濁りゴミも目立ちませんか?

気も一緒で悪いものが溜まり始めると雪だるま方式でどんどん増えていってしまうのです。

更に陰陽五行説の「木火土金水」では水と金は横並びなのでお互いに影響すると言われています。
水場を綺麗にすると金運も上昇し、しなければ金運は直滑降、ってことですね。

しかも「陰の気が強い」場所だから、「陽」である午前中に掃除をするべきである、というのが陰陽を元にしたトイレ掃除の基本です。一緒にするのもアレなんですが、お墓参りも一緒です。陰の気が強いから午前中にお墓参りをする。長崎では夜にお墓で派手に爆竹を鳴らしますが、悪霊を寄せ付けない、陰の気を散らす効果があります。

なので、今までどんなに二日酔いでぶっ倒れていても、二度寝が長引いて気づけば午前中のほとんどを寝て過ごしても旅行などで物理的に掃除が無理な時を除いて正午までには何が何でもトイレ掃除を済ませてきました。

今まで聞いていた話と違う!

それが、昨年末のある記事で「トイレ掃除は夜寝る前に」と・・・!そりゃビックリです。


多分ちょっと跳び上がってたと思います。

風水で超有名な某ドクターの記事だったんですが、1日の不浄な気が溜まったトイレは寝る前に掃除をすることで寝ている間に不浄な気が家中に漏れ出るのを防ぎます、と書いてありました。

なるほどなるほど・・・って家中で最後まで起きてるなんて出来へんし、夜中もトイレ行くやん!!
ってことで今のところ現状維持のまま、午前中にせっせと掃除しているんですが、何となくモヤッとしたままで(笑)

更に気になる別の方の記事も発見。トイレ掃除で金運が上がるのは「等価交換」だから、と。
要するに、良い事と良くない事は同量で起きることを前提として、先に嫌な事(?)をする事で後からやってくるはずの良い事を先行予約する、
とのこと。

確かにこっちも陰陽の考え方的には正解。
ただし、トイレ掃除を嫌な事って思うとアカン気がするんですけどね。

さぁ、午前中か寝る前か、等価交換と割り切るか。

皆さんならどれを選びますか?

書いた人 加藤有加

大手アパレルメーカーの販売員を経て、自身の無月経をツボ刺激で改善させたことから「薬に頼らない治療」に魅力を感じ鍼灸の世界に飛び込む。 手指鍼に出会い、内科的...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧