「興味がない」「相性が悪い」……ブラジャーと向き合わないズボラなオンナ

オンナの叫び

オンナの必須アイテムだけど…

ブラジャーに興味がない。

まず一番最初にブラジャーを思いついた人がすごい。たぶんその人は胸がでかかったんだろう。なんか重いわ…蒸れるし……あっワイヤーで持ち上げれば良くね?!ってなったんだろう。エジソンに並ぶ発明家だ。

でもその人がいてくれてほんとによかった。もし私だったら生まれてから死ぬまで胸を支えようというアイディアが浮かばない。ギリ思いつくとしたら「ガムテープで隠すか」とかそういうレベルの案なはず。

ブラジャーにも命が宿るらしい

ブラジャーというのはほんとにピンキリで、ショッピングモールのテナントに入った店舗では上下セットで3000円というお手頃価格。一方でガッチガチの高級下着メーカーではブラジャーのみで1万円から!みたいなのもある。
そんな場所に、私のようなちんちくりんの30代のズボラ主婦が訪れたところで「いw いらっしゃいませwww」とこらえ笑いで案内されるのは目に見えている。

ブラジャーといえば田中みな実がテレビで「ブラジャーは一度でも洗濯機で洗ったら死ぬ」と言っていて度肝を抜かれた。田中みな実ほどの女になればブラジャーに命が宿る。加えて手入れも抜かりない。

幼少期たまごっちで部屋の掃除をするのを忘れてソッコーで死なせていた私には「ブラジャーを殺さずに生活する」なんてことは無理な案件だった。幼い私はたまごっちによって「衛生で死に至る」という命の儚さを学んだ。

と、まあこんな調子なので、これまでも美意識の高い友人に「ちゃんとしたブラ買いなよ~」「ちゃんとお店で胸のサイズ測ってもらいなよ~」とたしなめられたことが何度もあった。けれども私にはどうしてもブラジャーに対する興味がわかなかった。
だから今日もしなびたブラを着けている。洗濯機でも日々回しまくっているのでブラの死骸を胸にあてていると言っても過言ではない。 

 機能性よりも楽な方が大切!

また、同じ友人に「寝ている時ノーブラだと胸が垂れるんだよ」と注意されて以来、ブラジャーをつけたまま眠ることを試みた時期もあった。しかし結局寝苦しくなって、夜中にねぼけまなこで上体を起こし、ブラジャーを外して寝室の入り口にぶん投げた。

数時間後、朝起きてトイレに立ったらトイレの前にブラが直角に立っていた。眼鏡をかけてなかったので大きなネズミかと思って絶叫した。よく見たらブラだったので腹が立って蹴り飛ばした。罠だ。ブラジャーというのは罠なのだ。

そんなわけでブラジャーがいけすかない。マッチングアプリで相手がブラジャーだったらランチしか行かない。部活の顧問がブラジャーだったら土日は出ない。私はどのブラジャーにしようかな~なんて一生選ばない。ブラジャーが私を選んでほしい。


そうだ、あれだ! ハリーポッターの「組み分け帽子」! 世界一の魔法使いを育てる学校「ホグワーツ魔法魔術学校」にて、生徒のクラス分けの一翼を担う帽子のキャラクター。
アイツを頭に被って「私にも愛せるブラジャー」を言い当ててもらおう!! これぞ次世代の「オンナのショッピング」ではないか!!

ワコールさん、トリンプさん、ピーチジョンさん。「ブラジャーを言い当てる帽子」の開発、心よりお待ちしております。

書いた人 みくりや佐代子

広島県生まれのライター・エッセイスト。広島大学教育学部在学中に学生結婚。2019年より趣味の一環としてコンテンツプラットフォーム「note」にて「ちゃこ」名...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧