• HOME
  • 記事
  • ヤミ・沼
  • 金かかる?時間がない?それでも行くぜ!私にとってライブ参戦は命懸けの戦いなんだ

金かかる?時間がない?それでも行くぜ!私にとってライブ参戦は命懸けの戦いなんだ

ヤミ・沼

あたしの1番お金をかけて譲れないもの、

それはズバリ「ライブ参戦!」
ライブに行くのに参戦?と思う人もいるかもしれないけど、あたしにとっては戦いそのもの。

ライブ参戦の心得


その1、ライブに行くために、仕事をどう効率的に進められるか研究し、自分のキャパとの戦いに日々奮闘する。ライブがあるから、無理難題な仕事もクリアできる。
もはや、ライブのためなら仕事もスキルアップしていく素晴らしいシステム。


その2、ぽっちゃりしているあたしは自分のことが大好きだけど、ライブのためにダイエットに励み、大好きなあの人(アーティスト)に“会いに行く”んだから少しでも綺麗になりたい。
きっと向こうは何とも思っていないし、むしろ自分のことなど見ていないであろうが、それは言わないで欲しい。
だって、好きなんだもん!大好きなんだもん!ちょっとでも見て欲しいじゃん!
だから、普段しないようなウォーキングだって始めちゃう。自分の限界に挑む。

まだ戦いは終わらない。
そして、

その3、経済との戦い。
ライブはお金がかかるのよ…。チケット代、グッズ、会場では次回のライブチケットが発売され、ライブ帰りにはテンション上がって、ライブ仲間と打ち上げに行っちゃうわけ。
飲みながら語る至福の時。

はい、帰りたくないです。現実に戻りたくないですから!
毎回、「現実に戻りたくない…」そう言いながら電車に揺られて家路を辿るのだ。

何が良いのかさっぱりわからないあなた!
ライブの何が良いかお教えしましょう!

ライブ参戦の楽しみ方


まずはチケットを購入しよう‼チケット発売日をチェック。

ふむふむ。
何日に発売なんだな。チケットの番号は自動で振り分けられるから、席を自分で決めることができない。
しかし、早く申し込めば早い番号に当たるんじゃないか?
という思いからチケット取りに力が入ってしまう。

まだ、売り出し中のアーティストや小さい会場だと早く申し込むと良い番号に当たることがある。この名残で頑張ってしまう自分がいる。
ただ、人気のあるアーティストだとチケットが抽選制になる。

これは、こちらにとっては一大事だ…。チケットが購入できないかもしれないのだから。なんてこった…。会えないなんてありえない!まだ、申し込んだだけで抽選もされていないのに、発表の日までこのもやもやを心の中に持ち続けなければならない。
ドキドキ、ソワソワしながら、結果を待つ。


チケットの当落結果発表!ここで天国と地獄どちらかはっきりと別れる。
あぁ!神様お願いします!どうか当たってますようにー!良い番号でありますように!
じゃじゃーん‼︎
当選すると、やったー!もの凄く叫びたいが、大人だからそんなことしない。冷静を装い口元をニヤニヤさせる。大人だからな。
これが、逆に、落選だった場合。

あたしは諦めない!
「チケット余ってる人居ませんかー!」
仲間に確認。必ず誰かが拾って一緒に連れて行ってくれる。
あたしは、最高の仲間に恵まれたよ。みんなの愛を感じるよ。このご恩は必ず返すからな!ありがとう!みんな大好きだー!
仲間が増えて、ちょっとサークルみたいで楽しいんだよね。久しぶりに会う子やはじめましてでも、共通の話題があるからすぐに打ち解けられてハッピーの連鎖が起こる。
1人で遠征しても大丈夫。みんな仲間だ‼

さぁ!ライブ参戦当日!

さぁさぁライブに行きますよ‼もちろん前日には念入りにお肌のお手入れをして、準備万端ですよ!
いや、分かっているんだよ。あたしのことなんて見てないってさ。でも、もしもだよ、お話しすることができるかもしれないじゃない?いや、握手しちゃうかもしれないじゃない?

わくわくしながら電車に揺られライブ会場に。

もちろんグッズは欲しい。早く会場に行くに決まっている。

仲間とグッズを購入し、開演まで今後のライブについて相談。

開場30分前に会場入り口で待機。ドリンク代をセットしてドキドキ。

いざ会場内へ‼

どこが見やすいかな?ある程度会場のことは把握してから行くから、チケットの番号を確認して、どの辺に立つか決めている。

急いで立ち位置を決めて行動する‼普段は走らないあたしも、この時ばかりは頑張りますよ。

さあ、開演まであともう少し。

緊張しすぎて、楽しみすぎて軽く酸欠になるのはお約束。

もしかしたら、この待ってる時間が1番好きかもしれない。

薄暗い照明も、凄い熱気でだんだん熱くなるフロアも、生きていることを実感できるこの空間が大好き‼

音が鳴りやみ真っ暗になる会場。大きな歓声に包まれ、一気にみんなのボルテージが上がる。

開場内に大きな光が解き放たれ、響き渡る重低音。

目も、耳も、心も、体中が幸せに満ち溢れる。

ライブが始まるとあっという間の出来事。

終わる寸前の切なさも好き。また会うために頑張ろうって活力になる。

こうしてライブが終わって行く。

そして、次のライブへの戦いが始まるのです。

そう、あたしにとってライブは生きがいで譲れないもの。

正直お金はかかるけど、あたしにとっては絶対に譲れないものなのです‼

書いた人 みくる

東京都出身、グラぽちゃ所属のプラスサイズのママモデルとして活動。事務所のブログを書いたり、グラぽちゃ代表の桃果愛さんのYouTubeチャンネルに出演。また、...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧